Instagram

年末シンガポールで宿泊代を抑える コスパが良いホテル V Hotel Lavenderに宿泊

V Hotel Lavender




こんにちは、Ruiです。

年末に2泊した物価が高めのシンガポールでは、宿泊費を抑えたかったので、こだわらずに5年前にも利用したコスパの良いホテル、V Lavender Hotel を選びました。

V Lavender Hotel

年末でホテル料金が全体的に高い時期で、Booking.com で一泊A$150(約12700円)で予約したV Lavender Hotel 。時期によって変動しますがピークシーズンでなければ、1万円くらいで予約できるのでは。

滞在日数が短くホテルの部屋は夜寝るだけ。MRTのLavender駅と24時間営業のフードコートがすぐの好立地なので、このお値段にしては満足の滞在です。

チャンギ空港からホテルまでタクシーで30分ほどでS$31(約2500円)。

V Hotel Lavender正面エントランス
V Hotel Lavender正面エントランス

フロントでチェックイン、パスポートを提示して、Booking.comで予約した際に使ったオーストラリア発行のクレジットカードで支払い。

V Hotel Lavender
V Hotel Lavenderロビー・フロント

客室

予約時に高層階をリクエスト、11階のお部屋からの眺め。

View from V Hotel Lavender, V Hotel Lavenderのお部屋からの眺め
11階のV Hotel Lavenderからの眺め

泊まったお部屋はツインのスタンダードで14平方メートル、ちょっと狭いですね…。ベッドも小さく、バスルームもコンパクト。でも、モダンで清潔、寝るだけならOK。

V Hotel Lavender


バスルームはバスタブなし。シャワーの水圧等は問題なし。

V Hotel Lavender Bathroom


飲料水のボトルは無料、電気ポットもあります。

V Hotel Lavender

このホテルに限らないでしょうが、 中国やマレー系のゲストが多いです。お部屋にいると、廊下での話し声が聞こえてきますが、夜11時ごろからは静かになりました。隣接するお部屋(横、上)がバスルームを使うと水が流れる音が聞こえますが、我慢できないほどの音ではない。

インターネットとハンディスマートフォン

無料のインターネットのパスワードはテレビ画面に表示され快適な速度。

ハンディスマートフォンも無料で利用できます。インターネットとローカル通話無制限と国外通話も指定された国であれば可能。これでシンガポールの電話番号が使えるので、現地でレストランの予約などをする時に便利。

でも、わたしはこのホテルのハンディスマートフォン使いませんでした。というのは、入力言語で日本語が使えない。日本語を追加しようとしたけど、アクセスが制限されていた?か何かで追加できなかったので(Android音痴なのでわたしがわからなかっただけという可能性もありますが…汗)。

V Hotel Lavender Handy Smart Phone

どちらにしても到着直後にチャンギ空港でプリペイドSIMを購入していたので、そちらで全て間に合いました。

Singtel Prepaid SIM Card

シンガポール(チャンギ空港)でプリペイドSIMを購入

セーフティボックス

セーフティボックスもお部屋にあります。が、残念ながら電池を入れるところが壊れていて、使用するには不安。もともとホテルのお部屋に設置されているセーフティボックスは信用していないので、盗られたら困るものは、ハードスーツケースの中に入れてロックし、他のスーツケースやバック等と一緒に、パックセーフのケーブルロックでまとめておきます。家具などにもケーブルを一緒に通せれば尚良し。空港などでも荷物をケーブルロックでまとめておくと、ちょっとした防犯対策に。わたしは2つ持っていて、旅に欠かせないアイテムです。

ホテル周辺

ホテルに隣接している24時間営業のフードコート。マレーシア、中国、韓国などアジア料理が400〜500円くらいで食べられます。

V Hotel Lavender近くのフードコート

野菜や麺、自分で好みの具材を選んで調理してもらうお店。

V Hotel Lavender近くのフードコート
V Hotel Lavender近くのフードコート



フードコートのすぐ近くに、パン屋さん、ケーキ屋さん、食べ物屋さんが立ち並び、ちょっと歩くとセブンイレブンもあり便利。

V Hotel Lavender周辺のお店

シンガポール名物のカヤトーストが食べられる、小綺麗なカフェToast Boxがホテルの目の前にあり、ここで朝食を食べるのがおすすめ!

カヤトーストセット, Kaya Toast Set

シンガポールで名物「カヤトースト」を食べるならToast Box

そして、このホテルに泊まる最大のメリットが、MRT(Mass Rapid Transit)のLavender駅がホテルのすぐ下にあること。電車MRTはよく整備されていて、きれいで頻繁に運行され時刻通りに発着します。ちなみに、Lavender駅から、Raffles Place駅まで乗り換えなしで2駅目、Marina Bay駅まで乗り換え一回で4駅目、Chinatown駅まで乗り換え一回で6駅目です。

MRT Lavender Station, ラベンダー駅

ということで、シンガポールで宿泊費を抑えたい時にコスパが良いおすすめのホテル、V Lavender Hotel に宿泊した際の感想でした。

Singapore Marina Bay Sands, シンガポール マリーナベイサンズ

2度目のシンガポール SINGAPORE TOURIST PASSを使ってMRTで気軽に1日街歩き


Chikin Rice, チキンライス

シンガポールでローカル料理が楽しめるホーカーズ(フードマーケット)に行ってみた


Singtel Prepaid SIM Card

シンガポール(チャンギ空港)でプリペイドSIMを購入