チェンマイでアパート、コンドミニアムの探し方 7週間のプチロングスティ(1LDKバスタブ付き 光熱費等込みで1カ月6万円弱)

ニマンヘミン, Nimmanhaemin

スポンサーリンク


こんにちは、Rui@チェンマイ(タイ)です。

チェンマイには7週間滞在するので、滞在2日目からアパート/コンドミニアムのお部屋探しを始めました。気に入ったエリアにある物件をアポなしで直接訪れる形にしました。

ニマンヘミンエリアで探します どんなエリア?

事前にネットでチェンマイでアパートを借りた人たちの記事を読んで、チェンマイの青山?と言われるニマンヘミン(Nimmanhaemin)というエリアで探そうと決めていました。

MAYAショッピングモール周辺

MAYAショッピングモール周辺

ニマンヘミンはターペー門(Tha Pae Gate)から車で10分程。チェンマイ大学が近く、大学生など若い人たちで賑わう街で、西洋人観光客も多く見かけます。無料Wifiが整っているおしゃれなカフェ、かわいい雑貨を扱うお店、レストラン、バーなどが多数あるエリア。MAYAという最新の大型ショッピングモールもあり、モール内には日本食レストランや24時間営業のコワーキングスペースCAMPもあるので生活しやすいです。

ニマンヘミンのカフェ

ニマンヘミンのカフェ

初のトゥクトゥク乗車でニマンヘミンへ

Tuk Tuk. トゥクトゥク

堀に囲まれた旧市街、東側のターペー門辺りからニマンヘミンのMAYAショッピングモールへ、初めてのトゥクトゥク(Tuk Tuk)乗車!料金は交渉制で、最低で40〜60バーツくらい。今回は100バーツ、距離は5キロ弱、15分くらいでした。かなりスリルがある乗り心地…慣れてくるのかな。

☆ターペー門からニマンヘミンのMAYAショッピングモールへ☆

アパート/コンドミニアムの内見と確認事項

MAYAショッピングモール周辺と、メインの通り、ニマンヘミン通り(Nimmanahaeminda Rd)から左右に入るストリート、路地(Soi)を歩いて、良さそうな物件があれば受付で値段と空き状況を確認。多くの受付のスタッフは少し英語が話せる..という感じでしたが、相手も慣れているので、必要なやり取りは問題ないです。1日で20件ほどまわり、10件ほど内見。

30日からのマンスリーレートは本当に割安になります。デイリーレートX15〜20泊分が1ヶ月の値段になるところが多い。ちなみに、宿泊時期によりますが、Booking.comで予約すると、わたしが決めたアパートメントは28日滞在で1泊5千円位(パティッタ アパートメント(Patitta Apartment))、4週間で14万円です。しかし、現地で探すと光熱費を含めても半額以下になります!チェンマイ到着日から2〜3泊だけ事前に宿泊を予約しておけば十分です。

決める前に、光熱費、水道代、Wifi (デバイスは何台まで繋げられるのか)は値段に含まれているのか、別払いか、などしっかり確認しましょう。できれば、1泊ディレートでお試しで泊まって、シャワーの水圧など水周り、エアコンなど機器類、ベッドの寝心地、騒音(特に週末の夜)などをチェックできれば完璧です。

わたしの場合、まず1ヶ月で契約をして、1週間後くらいに3週間同じお部屋で延長してもらいました(合計7週間滞在)。延長分の3週間は、1ヶ月のマンスリーレートを日割りで計算してもらうようにお願いしたら、それで了承してもらえることに。

長期になればなるほど、気に入った物件で空きがあっても値段交渉する価値あり。

特に6月から10月頃までのローシーズンは、気に入ったエリアを歩いて見てまわれば比較的容易に物件は見つかると思います。

ベーシックなところだと月数万円、新築の豪華なコンドミニアムや、4、5スターのホテルだと月10万くらいから、サービスアパートメント、コンドミニアム、様々な宿泊施設でマンスリーレートを提供しているので、予算に合わせて選ぶことができます。

契約に必要なもの

チェックインの際に、退室時に戻ってくる1ヶ月分の保証金(現金)と、1か月分の家賃(カード/現金支払い可)、あとは、パスポートのコピーをとるので持参。簡単に契約できてしまいます。

契約して7週間滞在した1ベッドルームのお部屋 

わたしは夫と2人でコンパクトなキッチン付きのモダンなサービスアパートメント(パティッタ アパートメント)の1ベッドルーム(ツイン)のお部屋に決めました。ショッピングセンターMAYAまで徒歩10分くらい、アパート周辺には食べ物屋さんやカフェ、雑貨屋さんがたくさんあって楽しいです。

契約時に、高層階でバスタブ付きの静かなお部屋をリクエスト、7週間結構快適に過ごせました。ただ、このアパートは隣に大きめのバーがあってチェンマイ大学の学生が集まるのか週末の夜は夜中1時くらいまで音楽がかなりうるさいです。わたしは夜型人間だし、このお値段なのでそれほど気になりませんでしたが。

電気、水道代は別で、インターネット使用料込みで家賃1ヶ月15000バーツ(約46000円)。電気代は夜も通しでエアコンを使用して、月3000バーツ(約1万円)くらい。水道代はそれほどかかりません。お部屋のお掃除など希望すれば一回500バーツでしてもらえます(わたしはMAYAに入っているDaisoでお掃除用品を購入して自分でお掃除)。なので、光熱費など全て込みで1カ月6万円弱でした。

リビング・ダイニング・キッチンが一つのエリアで、エアコンは寝室にも設置されています。テレビは英語チャンネルもいくつかあり。インターネットは機器2台同時接続で快適。

チェンマイアパート, Chiang Mai Apartment
コンパクトなキッチン。電気調理台、ケトル、棚にはプレートやコップ類、フライパンやお鍋などの調理器具も揃っていて、買い足す必要はありませんでした。十分な大きさの冷蔵庫。

チェンマイアパート, Chiang Mai Apartment
ダイニングテーブルがパソコンでの作業エリアに。

チェンマイアパート, Chiang Mai Apartment

洗濯機は、キッチン横の小さなバルコニーに設置されていて、洗濯物を干す場所もあります。

チェンマイアパート, Chiang Mai Apartment

寝室とバスルームに続くエリアには、ワードローブ、大きな鏡がついている化粧台など。収納スペースもたくさん。

チェンマイアパート, Chiang Mai Apartment

バスルームはレインシャワーとバスタブ(写真に写ってないですが、向かって右側に大きなバスタブがあります)、水洗トイレ。シャワーの水圧良し。

チェンマイアパート, Chiang Mai Apartment  

寝室はツイン(ベッドが2台)、エアコン、テレビが設置されています。ベッドの寝心地良いです。

チェンマイアパート, Chiang Mai Apartment

チェンマイアパート, Chiang Mai Apartment  

以上、スムーズにお部屋が決まりました。

両替レートは2016年6月時点のものです。 

追記:2016年11月3日

滞在を振り返って感じたこと。

 

  • 調理台があるキッチン付きのお部屋にこだわらなくてもよかった。外食やテイクアウェイが本当にお手頃なので(さっと食べるなら1食300〜400円とかもあり)自炊は数回しかしませんでした。タイではキッチンがないお部屋が多いというのも納得です。朝食用のヨーグルトやフルーツ、牛乳、飲料水のボトルは購入してたので冷蔵庫は必須。
  • バスタブ付きにこだわらなくてもよかった。お部屋には大きなバスタブがついていたのですが、一回も使いませんでした。まず、気候が暑いのでお風呂につかりたいと思わなかった。そして、タイでは飲料水は購入、水道水は飲まなかったです。飲料に適していないお水でのお風呂は、アトピー体質のわたしは躊躇してしまいました。
  • 契約する前に、週末(金・土)にデイレートで泊まって、特に夜の騒音など周囲の環境をチェックするべきでした。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください