【チェンマイ】タクシーを半日ハイヤーしてステープ山へ観光 ①ドイ・プイ村

ドイ・プイ村, Doi Pui Village

スポンサーリンク


こんにちは、Rui@チェンマイ(タイ)です。

気温32度曇り空のチェンマイ。タクシーを半日ハイヤーして、チェンマイの西、郊外ドイ・ステープ(Doi Suthep)方面にある、ドイ・プイ村(Doi Pui Village)ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ(Wat Phra That Doi Suthep)に行ってきました。車でニマンヘミンから30分程、チェンマイ市内から50分程度です。ソンテウを利用の場合、ドイ・ステープ行きのソンテウはチェンマイ市内やチェンマイ動物園前から出ています。

ハイヤーしたタクシーは、チェンマイに到着日から3泊した宿から今のアパートに移動する際、最初の宿のフロントで手配してもらったタクシー。電話番号をもらっていたので、前日に連絡をして予約しました。運転手さんは少し英語を話されます。朝8時半にピックアップ、午後1時にアパートまで送ってもらって1200バーツ(約3500円)。

ドライバーは感じの良いタイ男性なのですが、英語がもう少し話せる方だったら、観光やローカルなお話が色々聞けてもっと楽しかっただろうな…と。次回は英語を得意とする方にお願いすると思います。

ドイ・プイ / モン トライバル ビレッジ(Doi Pui / Hmong tribal Village)

チェンマイ郊外の山岳民族が住む村の中でもチェンマイ中心から最も近くにある、ドイ・プイ村。美しい草花が育った豊富な自然にあふれた村で、色鮮やかな民族衣装を身にまとうモン族が暮らしています。タイの人口のわずかな数パンセートを占める山岳民族、そのなかで2番目に人口の多い山岳民族がモン族です。

ドイ・プイ村は、ワット・プラ・タート・ドイ・ステープから、さらに山奥へ進むので、山道を快適にドライブできるタクシーをハイヤーして正解。

☆ドイ・プイヴィレッジの場所☆

ドイ・プイ村に到着。ハイヤーしたタクシー。1時間ほど村を見学している間、駐車場で待ってもらいました。
Taxi Hire in Chiang Mai. チェンマイでタクシーをハイヤー
駐車場から、モン族の手工芸品、雑貨、ドライフルーツ、お茶などのお土産屋さんが並ぶ坂道を上がって行きます。
ドイ・プイ村, Doi Pui Villageドイ・プイ村, Doi Pui Village

色鮮やかな民族衣装。レンタルして写真を撮ることができるものがあります。
ドイ・プイ村, Doi Pui Village
モン族博物館の小屋には、昔の農機具や資料写真などが展示されています(小額の入場料を支払います)。
ドイ・プイ村, Doi Pui Village
草木の手入れも行き届いて、美しい光景が広がります。高台なのでチェンマイ市内より10度ほど気温が低く、ひんやり涼しく、空気が澄んでいて心地よいです。

ドイ・プイ村(Doi Pui Village)ドイ・プイの滝園。
ドイ・プイ村, Doi Pui Villageドイ・プイ村, Doi Pui Village

村の高台まで行くと、道に「Free Wifi」の文字が!矢印に沿って階段を上がっていくと、素晴らしい景色が広がるおしゃれなカフェ(Hmong Doi Pui Family Coffee)があります。
ドイ・プイ村, Doi Pui Village

 美味いコーヒーを飲みながら、シアワセなゆったりとした時間を過ごしました。
ドイ・プイ村(Doi Pui Village), Hmong Doi Pui Family Coffee

注文したホワイトモカ

美味しいコーヒ、カフェの店員さんに聞いてみると、お父さまが焙煎されているコーヒー豆で、コーヒーの木はこの辺りで栽培されているそう。このカフェで、コーヒー豆等が購入できます。

Coffee beans at Hmong Doi Pui Family Coffee, ドイ・プイ村(Doi Pui Village)

 プーピン宮殿

ドイ・プイ村の近くに、1962年に建設されたタイ王室の避暑地として有名な宮殿、プーピン宮殿(Phu Ping Palace)があります。運転手さんに向かってもらいましたが、残念ながら閉園でした。運転手さんに受付に出てたメモを確認してもらったところ、金〜日曜日にオープンしているとのこと。王族がご滞在されていなければ一般公開されるので不定期に閉まることがあるそうです。
事前に、Tourism Authority of Thailand (日本語のウェッブサイトはこちら)などで確認したが方いいですね。

特に12月から1月にかけては美しい庭園のお花が満開になるとのこと、ぜひ次の機会に行ってみたいと思います。

さて、次はチェンマイの観光名所の一つ、山頂にあるワット・プラ・タート・ドイ・ステープ(Wat Phra That Doi Suthep)へ向かいます。

タクシーを半日ハイヤーしてステープ山へ観光 ②ワット・プラ・タート・ドイ・ステープの記事へ続く

 

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください