Click here for Instagram>>

アメリカ・ヨーロッパ旅行:2024年4月〜6月【プロローグ】




2024年4月から6月にかけて夫婦で約2ヶ月かけてアメリカとヨーロッパを旅行しました。

まずは、58日間に及ぶ今回の旅(最後に2週間滞在した日本を含めると72日間)の概要を、プロローグとしてまとめてみました。

ヨーロッパ旅行は初めてだったので、感動した観光スポットや絶景、お料理などがたくさん。フライトや列車、ホテルのことも予約から感想までこれから少しずつ別記事で詳しくご紹介していきたいと思います。

旅のルート:8カ国、15都市を巡る旅

今回の旅は、オーストラリアからスタートしてまずはアメリカへ。西海岸のサンフランシスコから、東海岸のニューヨークへ。そして大西洋を渡って、ロンドンへ。その後ヨーロッパ内では主に列車で移動しました。

  1. アメリカ:サンフランシスコ、ニューヨーク
  2. イギリス:ロンドン、エジンバラ、ベルファスト(イギリス・北アイルランド)
  3. アイルランド:ダブリン
  4. フランス:パリ
  5. スイス:ツェルマット
  6. イタリア:ミラノ、フィレンツェ、ローマ(バチカン市国含む)、ナポリ、ラスペッツィア
  7. フランス:ニース
  8. スペイン:バルセロナ

プラス最後に2週間日本に滞在してオーストラリアに戻りました。

移動手段:空の旅も、陸の旅も快適に

今回はかなりの長旅、心身のことを考え移動手段に投資することに。閉所恐怖症気味のわたしはエコノミークラスで長距離フライトに耐えられる自信がなかったのでプレミアムエコノミーを検討していました。

色々調べていたら、アメリカ、ヨーロッパ、日本を含めるルートだと世界一周割引航空券が使えることを知り、思い切ってビジネスクラスに。人生初の国際線ビジネスクラスでした。

フライト:ルフトハンザドイツ航空の世界一周割引航空券

今回の旅ではルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)の世界一周割引航空券(Round the world ticket)のビジネスクラスをエージェント(Flight Centre)を通して予約。快適な座席とサービスで、飛行機苦手意識が薄まりました。14時間の長距離フライトも苦にならず。

ルフルトハンザドイツ航空の世界一周割引航空券ですが、ルフトハンザ航空運航のフライトは1時間半の短距離一回だけ。実際に搭乗したのは:

カンタス航空 (Qantas) 3フライト
ユナイテッド航空(United Airlines)2フライト 
ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)1フライト
全日空(ANA)1フライト

なぜルフトハンザドイツ航空の世界一周航空券にしたかというと、Star Alliance(スターアライアンス)の世界一周航空券(同一ルートで)のビジネスクラスに比べて、ルフトハンザがちょうどセールをしていて30%くらい価格が低かったため。おそらくこの航空券はエージェントを通してでないと購入できないのだと思います。航空券は出発9ヶ月前あたりが安いようです。

エージェントから購入する前に自分でオンラインで購入できるStar Alliance(スターアライアンス)、One World(ワンワールド)の世界一周航空券、希望のルートでの価格を予めチェックしておくのがおすすめです。

その他利用したフライト

世界一周割引航空券の予約後変更にかかる手数料を考え(エージェントを通して予約すると変更料が高い)、ヨーロッパで追加の2フライト(短距離、エコノミークラス)は別にエアリンガス(Aer Lingus)で自分で予約。

世界一周割引航空券を予約したのが出発9ヶ月前でその時はヨーロッパでの日程がまだ固まってなかったのです。

列車:ユーレイルグローバルパス(Eurail Global Pass)

ヨーロッパ内の移動は、主に列車を利用。車窓から見える景色の変化も、旅の醍醐味です。ユーレイルグローバルパス(1等車)をセール時にEural公式サイトから購入。フランス、イタリア、スペインでは事前座席予約(多くが有料)が必要でした。

ホテル・宿泊:多様な選択肢で、快適な滞在

ホテルの予約は、主にBooking.comAccorIHGなどのサイトから。ホテルの公式サイトから直接予約したものも。立地、価格、設備、周辺施設(スーパーやコインランドリー)、口コミなど確認し、悩み抜いて選びました。

わたし達が、ホテルのお部屋はツインを利用するので、本ブログでご紹介しているホテル、宿は基本ツイン(ベッドが2台)のお部屋です。特にヨーロッパではツインのお部屋の数が少なく感じました。

予算内でのホテル選びに苦労しましたが、イビス(ibis)レベルのホテルや、地元の雰囲気たっぷりの小さなホテル、B&Bなど様々なタイプのお部屋に宿泊し、また泊まりたいと思う宿がほとんどでした。

観光:地元ガイドと巡る、ディープな体験

観光ツアーは主にフランス、イタリア、スペインで利用。ViatorGetYourGuideで予約したものが中心。地元ガイドならではの知識や、裏話を聞けるのが楽しい。効率よく観光地を巡れるだけでなく、思わぬ発見や出会いがあるのもツアーならではですね。

あとは乗り降り自由の観光バスや美術館などの観光スポットを公式サイトで予約したものも。それに気ままに散策などの組み合わせ。長旅なので、ホテルと周辺でゆっくり過ごし心身を休ませる日も(5日に一回くらい?)必要だと感じました。

食事:ヨーロッパの食文化を堪能

今回の旅の食事で特に印象に残ったのは、フランス、イタリア、スペインです。これらの国々では、できるだけ地元のレストランで食事をとるようにしました。

ホテルのスタッフに、ホテル近くで観光客向けでなく個人的に好きなお店を教えてもらったり、口コミやSNSでの評判を見てお店を選びました。

どんなに美味しくても毎日外食では胃が疲れてしまいますし、野菜不足にも。特に宿が朝食込みの時は、お昼や夜ごはんはスーパーやベーカリーで買ってきたもので簡単に済ませることも多くありました。

おわりに:これからの記事について

この2ヶ月間の旅で、一生の思い出となるたくさんの体験ができました。記憶が薄れる前に書き残しておきたい(記事にできていない過去旅がかなりあるので、今回こそは書ききりたいです…)

これからの記事では、フライト、ユーレイルグローバルパス、各都市でのホテル・宿、観光・ツアー、レストランのことなど詳しくお伝えできればと思っています。

旅行中のちょっとしたエピソードやハプニングなども含めた旅日記も書きたい!

しばらくお付き合いいただけると嬉しいです。

「旅日記」カテゴリー

今回の旅行の時系列による記録を当ブログの旅日記(Travel Diary)カテゴリーに置いていくことにしました。