インスタグラムはこちらから>>

オーストラリアでファイザー製新型コロナワクチン を接種(4回目)しました 




今回のコロナワクチン接種は4回目(ブースター2回目)、Pfizer(ファイザー)でした。副反応は3回目接種の時と同じくらい、腕の痛みぐらいでとても軽かったです。

4回目接種を決めるまで

日本長期滞在後、オーストラリアに戻ってきてGP(かかりつけ医)に4回目の接種について相談に行きました。この時点で前回(3回目)の接種から9ヶ月経過。

日本ではオミクロン株対応2価ワクチン、BA.1がもう接種でき、10月下旬からはBA.4/5が接種できる感じだったので、できればオミクロン株対応2価ワクチンがいいなと思っていました。

GPによるとオーストラリアではBA.1が10月11日にロールアウトしたけどモデルナ社製でGPがいるクリニックでは扱っていない、ファイザー社製のはまだとのこと。3回目がファイザー社製で副反応が軽かったので、わたしはファイザー社製を希望でした。

オーストラリアでは高齢者を含め4回目接種してる人は少ない印象。期限切れのワクチンの在庫を処分していると言っていました。将来的にインフルとコロナの混合ワクチンが開発されるということも聞きます。

GPは7月にファイザー社製の従来型で4回目を受けたとのこと。友人2人もファイザー社製の従来型で4回目を接種。

GPの先生は、わたしがまた12月から日本へ行くのなら冬だし4回目を受けておいた方がいいかもというアドバイスだったので、ファイザー社製の従来型ワクチンを受けることに決めました。ファイザー社製のBA.4/5を日本への出発直前まで待つということも考えましたが、前回のワクチン接種から9ヶ月経っていたのでこれ以上間隔をあけたくなかったので今打つことに。

4回目ファイザー接種当日

午前中GPに打ってもらいました、ちょっとちくっとしたくらい。

お家でお昼ご飯の後、軽くお散歩。夕食の用意をしたりストリーミング見たりと普段と変わらず過ごし、腕を触るとちょっと痛いくらい、このまま何もないといいなと思いながら就寝。

4回目ファイザー接種翌日

昨夜はぐっすり眠れ、朝の体温も平熱で体調良いです。4回目の接種、副反応とても軽かった、というかほぼ副反応なしでした。

【追記:2023年9月】5回目ファイザー接種

4回目接種から6ヶ月後の2023年4月に接種(ブースター3回目)予定でしたが、3月にコロナ感染したため、感染から6ヶ月後の2023年9月にファイザー、ブースター3回目接種しました。

日本では秋接種で令和5年9月20日から、生後6か月以上の全ての方を対象とした新しいワクチン接種(オミクロン株対応1価ワクチン XBB.1.5)が始まったようですが、これはまだオーストラリアでは接種できないので、わたしが接種したのはオミクロン株対応2価ワクチン(Omicron-specific bivalent vaccines)です。

わたしのまわりでは、同年代(アラフィフ)や接種を推奨されている65歳以上でももうコロナワクチン接種している人はかなり少なく感じますが、GP(かかりつけ医)と相談して接種することにしました。わたしと同じく50代の夫も一緒に接種。

日本から戻ってくる飛行機の中で初感染したのがトラウマになっています。海外に行く予定があるので今回も接種することにしました。

今回の副反応は、前回より重く、接種2日目から腕の接種部位の痛み腫れが増し、頭痛、腕、脚の関節・筋肉痛、倦怠感があり鎮痛剤(パナドールとニューロフェン)を2回飲み、休んでいました。発熱はなく3日目にはすっかり回復しました。

参考:
Australian Government of Health and Aged CareによるClinical recommendations for COVID-19 vaccines
https://www.health.gov.au/our-work/covid-19-vaccines/advice-for-providers/clinical-guidance/clinical-recommendations