【チェンマイ発】充実のチェンライ、ゴールデン・トライアングル、ラオス日帰りツアー

The Golden Triangle, Thailand, 黄金三角地帯

スポンサーリンク


こんにちは、Ruiです。

チェンマイ、ニマンヘミン通り(Nimmanhaemin Road)にある旅行会社で、チェンライ(Chiang Rai)、ゴールデン・トライアングル(The Golden Triangle)、メコン川を渡ってラオス領ドンサオ島(Donesao Island, Laos)へ行く日帰りツアーに出発の1日前に申し込みました。

料金は一人1200バーツ(約3500円)、それに、タイ・ラオス国境でガイドさんに30バーツ渡す必要がありました。ランチ、温泉、寺院の入場料はツアー料金に含まれています。

催行会社は、Journey Smile 。ガイドさんはとても感じが良く、解説が丁寧、面倒見の良いタイの男性で英語を話し、日本語も少し話せます。タイの日常のことなども色々お話を聞くことができ面白かった。

合計11人参加(イギリスと韓国からの方半々)で、結構新しいトヨタのミニバンは1席を省いて満席。朝7時半に滞在先のアパートでピックアップ、わたし達が最後のピックアップだったので、一番後ろの席になってしまいました。でも…閉所恐怖症気味のわたしは無理。最前席が1席だけ空いていたので、お願いしてそちらに座らせてもらいました。そして車が走り出してすぐ、隣と後ろの女性が吐き始めて、憂鬱なツアーのスタートに…。

1日で600キロ以上の走行距離、山道走行もあるので(スピードも出るし、運転が荒くてドキドキした場面もありました)、車酔いしたり、閉所恐怖症持ちの方は、ツアーを予約する時点で、前の方の席をリクエストしておいた方がいいです。

メーカチャン温泉(Mae Kachan Hotspring)

最初のストップは、足湯ができる温泉で、お土産屋さんもたくさん並んでいます。チェンマイから1時間ほど走ったところ、チェンマイとチェンライ県境、チェンライ側にあります。意外でしたが、タイ北部には多くの温泉があります。
Chiang Rai Hot Springs, メーカチャン温泉
足湯を楽しんでいるのはアジア系の方々。メーカチャン温泉(Mae Kachan Hotspring)メーカチャン温泉, Mae Kachan Hotspring
ここで、トイレを使用するには5バーツ硬貨が必要になります。トイレは便座と小型シャワーが付いていて、紙を流してはいけないタイプのもの(まだ慣れずに苦手…)。トイレットペーパーがないので、ティッシュ持参を忘れずに。あと、便座を拭くのにアンチバクテリア・ウェットティッシュも常に持ち歩いています。

ワット・ロンクン(Wat Rong Khun)

温泉から1時間ほどで、純白の寺院と言われている、ワット・ロンクンに到着。これは迫力、すご〜い!そして、テーマパーク並みに混んでます。

タイでは有名なチェンライ出身のアーティスト、チャルムチャイ・コーシピパット(Chalermchai Kositpipat)氏がデザインし、1997年から建設が始まり、未だ増築中で未完成とのこと。建設資金を捻出するために敷地内で氏の作品が販売されています。

タイの伝統芸術と超現実主義が融合した寺院。純潔、天国をイメージした寺院の外観は白で、寺院に入る際に渡る橋の下は地獄をイメージし、助けを求める人々の手が..。.建物内部の壁画には、バッドマン、スーパーマンなどのモチーフがあったり、かなり異色で面白いです。

ワット・ロンクン, Wat Rong Khunワット・ロンクン, Wat Rong Khun

この豪華な金ずくめの建物は、なんとトイレ!しかも無料で使用できます。
ワット・ロンクン, Wat Rong Khun

ワット・ロンクンを後に、ゴールデン・トライアングル(The Golden Triangle)へ向かいます。

ゴールデン・トライアングル(黄金の三角地帯)、メコン川を渡ってラオスへ

タイとラオス、ミャンマーの3カ国の国境が接するゴールデン・トライアングル。麻薬の生産地として名高かったこの地域は、今は観光地としても栄え観光客がたくさん訪れます。

さて、12時前にラオスへのボートの発着場所に近いレストランに到着。11名、2つのテーブルに分かれて、バイキング形式のランチです。タイ料理、ミャンマー料理など、たくさんのお料理の中から選べます。フルーツ、コーヒーも。
Lunch at The Golden Triangle
ここから、ボートでラオス領ドンサオ島に渡ります。
Boat to The Golden Triangle

パスポートはタイ側に戻ってくるまでガイドさんに預けます(大丈夫かな…ちょっと不安)。パスポートにタイとラオス出入国のスタンプは押されず、Donesa Island Visiting Ticketというものを、タイ側に戻ってきた時に渡されただけでした。

ボートは他のツアーのお客さんと混乗。小雨の中、ライフジャケットを着用して出発です。
Boat to Laos on Mekong Riverタイ側にはボートに乗った黄金のブッダが見えます。
Boat Budda at The Golden Triangle
行き交う船を眺めながら、メコン川を渡っていることに感動…。
A boat on Mekong River

ラオス側にそびえる豪華なカジノ。

Casino, Laos on Mekong River10分くらいでドンサオ島に到着。
Donesao Island, Laos, ラオス領ドンサオ島お土産屋さんが並ぶのんびりとした場所でした。
Donesao Island, Laos, ラオス領ドンサオ島
Donesao Island, Laos, ラオス領ドンサオ島名物のサソリ入りのスコーピオン・ウィスキー!ガイドさんはコブラ入りのウィスキーの試飲を勧めてくださったけど、遠慮しました。
Scorpion Whiskey, サソリウィスキードンサオ島には1時間弱の滞在、同じボートでタイ側に戻ってきます。
The Golden Triangle, Thailand, 黄金三角地帯タイ側から眺めたゴールデン・トライアングル。
The Golden Triangle, Thailand, 黄金三角地帯
そして、今日最後のスポット、ヤオ族とアカ族が暮らす村へ。

山岳民族のヤオ族とアカ族が暮らす村(Yao, Akha Hilltribe Village)

これらの山岳民族の村は、チェンライ県の高地にほぼ集中しています。アカ族はミャンマーから国境を越えてタイに移住してきたそうです。当時は麻薬の原料となるケシの栽培が行われていましたが、現在は他の農業に従事したり、女性は色鮮やかな独自の刺繍やパッチワークなどを施した小物やバックなどを創り、販売なども行っています。ガイドさんによると、若い世代は学校教育を受け、教師になったりなど、あらゆる職業に従事しているそう。
山岳民族のヤオ族とアカ族が暮らす村, Yao, Akha Hilltribe Village
アカ族は、あらゆるものに精霊が宿ると信じるアニミズムで、村の入り口には、鳥居のような門と、男女の木偶が祀られています。これは悪霊などから守り、子孫繁栄や豊作を祈願するものだそうです。神聖なものなのでくれぐれも触れないように。
山岳民族のヤオ族とアカ族が暮らす村, Yao, Akha Hilltribe Village, 門山岳民族のヤオ族とアカ族が暮らす村, Yao, Akha Hilltribe Village, 木隅

女性たちは民族衣装の銀のアクセサリーが使われた帽子をかぶっています。重さが3キロもあるそうです!
Aha, アカ族の女性手作りの、刺繍やパッチワークなどを施した小物など、お土産品を購入することができます。

Hill tribe Village, Thailand

この後、軽食が食べられるサービスステーションでの休憩を一回挟んで、チェンマイへ戻ってきたのが夜8時過ぎ、12時間にわたるツアー終了です。ガイドさん、運転手さん、本当にお疲れ様でした!

タイ北部の魅力に触れられた、充実のツアーでした。わたしの中では特に、メコン川を渡れたことがとても印象深いです。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください