インスタグラムはこちらから>>

Amazonアソシエイトの画像リンクが廃止になったので「Rinker」を利用

amazon associates image link eye catch




11月30日付で届いていた、気になっていたAmazonからのメール。

Amazonアソシエイトで画像リンクが廃止に

画像リンクが廃止になり、2023年12月31日以降は既にリンク作成されていた画像も表示されなくなるとのこと。12月31日といえばもうすぐではないですか!

そんなに多くはないのですが、いくつかの記事内にAmazonアソシエイトで画像リンクテキストと画像リンクを貼っているので対処しないとです。

Amazonからのメール

2023年11月30日(木)をもってアソシエイトツールバーの「画像リンク」及び「テキストと画像」リンクを廃止させていただきます。 画像リンク作成機能を使用して作成されたリンクは、2023年12月31日(日)以降表示されなくなりますので、画像リンクを掲載されている場合は、お早めに別のリンクへの差し替えのご対応をお願いいたします。

Amazonからのメール

プラグイン「Rinker」を利用することに

どう対処したら良いのか検索して、プラグインRinkerを試してみることにしました。

AnazonアソシエイトでAmzonの商品画像を引き続き利用したい場合、Amazon Product Advertising API(商品情報API)から画像のリンクを取得することができるらしいのですが、ちょっと面倒というかわたしにはハードルが高い。それに、売上がなくなったらその機能が使えなくなるとか?

Amazonの掲載も「もしもアフィリエイト」を利用できるRinkerをとりあえず使ってみることにしました。

Rinkerをダウンロードして、WordPressにインストール。

今後この形式で使い続けられればいいのですが。

Rinkerを利用する際に参考にしたサイト

https://hitodeblog.com/rinker

こちらの記事に書かれている通りに進めたら無事Rinkerが使えるようになりました。

わたしは、Amazonが「もしもアフィリエイト」経由、楽天アフィリエイトが直の2つのボタンにしています。

こんな感じで記事に入れることができました。

おわりに

わたしの場合、ブログに貼っているAmazonアソシエイトのリンクの数が少ないので今回の作業は1時間くらいで完了。

Amazonアソシエイトは、何回もトライしてやっと受かったのに…。

放置してある、Amazonインフルエンサー・プログラムで、フロントストアをちゃんと整えていった方が良いのかなと思ったり。

しかし、ブログの更新も滞ることが多く、記事を書くだけで精一杯になりがちです。ブログは楽しく続けていきたいので、何事もマイペースですね。