自分にとって大切な人たちと共有する時間を増やす、人生の優先順位

Sunset, サンセット, 夕日

スポンサーリンク


こんにちは、2016年に入ってから会社員を辞めて休憩中のRuiです。

退職を決断した理由(プロフィール)の一つに「自分にとって大切な人たちと共有する時間を増やす」というのがありました。

今年は早速、他州に住む義父の近くに数ヶ月滞在し、夫とともに義父達と過ごす時間をとりました。義父は80過ぎにも関わらず健康に大きな問題はなく、国内旅行を定期的にしたり元気はつらつに暮らしていました。が、今年8月に脳出血を発症し急逝。

日本に滞在中だった私たちは、連絡を受けて急遽オーストラリアに戻ってきました。ICU(集中治療室)に入っていた義父が回復することを願っていましたが、意識が戻ることなく1週間後に皆に囲まれて息を引き取りました。

葬儀も無事に終え、家族も少し落ち着いてきたところです。

あまりにも突然の死で、こんなに早く、大好きだった義父が亡くなるなんて考えてもいませんでした。1年に1〜2回は義父宅で過ごしたり、旅行に一緒に行ったりしていましたが、ずっと他州で離れて暮らしていました。義父の最後の数ヶ月、充実した時間を夫、義父と一緒に過ごせ、思い出を作れて本当に良かった。

自分にとって大切な人たちと共有する時間を増やす」ことを、今まで仕事などで後回しにしてきた期間が多かったです。後悔しないためにも、愛する人たちとの時間をもっとたくさん、そして大切に過ごしていきたいと思います。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください