「もしもアフィリエイト」を利用してみた感想

Wordpress

スポンサーリンク


こんにちは、Ruiです。

当ブログと、別に運営しているブログを開設して以来、いくつかのアフィリエイトを試してみました。わたしが利用しているアフィリエイトは、登録料や利用料が発生しない無料のものです。

Googleアドセンス(過去記事)は審査に通れば、申請したブログ以外の自分が運営しているブログにも広告を貼れ、記事内容に合わせて広告が自動的に表示されるので、メインテナンスフリーで楽。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)では、アフィリエイト業界最大手のA8.net にまず登録(過去記事)。広告主も多く、Amazonツール、楽天ツールでAmazonと楽天の商品のアフィリエイトが簡単にできます。

「もしもアフィリエイト」が断然利用しやすい

その後、もしもアフィリエイトにも登録。サポート体制が整っていて、とても利用しやすいです。報酬も成果金額が1,000円以上から振り込まれ、振込手数料はもしもが負担。なので、今は、Amazonや楽天の商品はもしも経由でアフィリエイトすることが多いです。

そして、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどのアフィリエイトリンクをまとめて簡単に作れる、とても便利なツール、カエレバと合わせて使い始めてから成果発生率が目に見えて上がりました。 

カエレバの設置の仕方が詳しく書かれた記事はたくさんあります。わたしがブログを開設した際、参考にさせていただいたサイト、「サイトアフィリエイトで稼ぐ方法を全部話そうと思う」にも図解で解説された記事があります。

まずは、もしもアフィリエイトへの登録をおすすめします。

追記2019年9月22日
Amazonを使って買い物をするユーザーがクリックしやすい仕様だったカエレバは2019年1月、メインデータをAmazonから楽天に移行することになり、使い勝手が変わってしまいました。

そこでカエレバの代わりになるものを探してみました。ワードプレスのプラグイン「Rinker」も良さそうなのですが、もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」がリニューアルされて、楽天、Amazon、Yahooのカード型のアフィリエイトリンクを簡単に作れるようになりました。

もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」を使ってみると手間がかからずすごく簡単なのでしばらくこちらを利用してみようと思います。

スポンサーリンク